Life of martial arts and Zen meditation!_武禅修行へGO!_

Life of martial arts and Zen meditation!_武禅修行へGO!_

About Zen. Presented by

【Martial arts zen training introduction book._4】



  To refresh.
 Mindfulness.
 To get a chance to enter the zone.
 To realize.
 
  What is the purpose for you to Zen meditation(sit down)?
 Whatever the purpose, Zen Meditation's effects will be the same for everyone.
 
  There are two ways of Zen.
 
 The first is meditation.
 As you meditate, you will notice the relationship between your body and your mind.
 
  The second is to observe your own causality in everyday life.
 The observation of causal repercussions in everyday life is said to 「Docyunokuhu(動中の工夫)」,「Gyojyugaza(行住坐臥)」 in Japanese.
 
 Everything that happens to you is the result.
 It happens because of your thoughts and actions and talking.
 
  About the relationship between the result and the cause, It is important to notice first.
 Then turn the bad habits of the cause into good ones.
 Determine if a good future really comes.
 If you do not get good results, fix your thinking and create new habits.
 
 
  Make a new habit.
 Make sure you get good results.
 If the result is good continue.
 If the results are bad, please correct your thoughts and habits.
 
  In Japan, the practice of remaking such habits on a daily basis is called 「Docyunokuhu(動中の工夫)」,「Gyojyugaza(行住坐臥)」.
 This is to grow yourself by yourself.
 This cycle is to grow on your own.
  Acupuncture meditation is in Japanese called 「Seicyu no Kuhu(静中の工夫)」.
  「Docyu(動中)」 is movement.
 「seicyu(静中)」 means sitting down and standing still.  
  It is important to train both well.
  Please do not practice only meditation.
 Practice only meditation, be careful not to remove the cycle of habit improvement yourself.
 Be sure to practice the habit improvement cycle.


(2019/ 05/ 18)

Japanese translation.


 リフレッシュします。
 マインドフルネス。
 ゾーンに入るチャンスを得るために。
 悟る。
 
 座る禅の目的は何ですか?
 目的がどうであれ、坐禅の効果はすべての人にとって同じです。
 
 禅には2つの方法があります。
 
 一つ目は坐禅です。
 あなたが坐禅するとき、あなたはあなたの体とあなたの心との関係に気づくでしょう。
 
 第二は、日常生活の中であなた自身の因果関係を観察することです。
 日常生活における因果関係の観察は、日本語で「動中の工夫」、「行住坐臥」といます。
 
 あなたに起こること、すべてが結果です。
 結果は、あなたの考えや行動、そして会話が原因で起こります。
 
 結果と原因の関係について、最初に気づくことが重要です。
 気付きの後、原因の悪い習慣を良いものに変える。
 良い未来が本当に来るかどうかを判断します。
 良い結果が得られない場合は、考え方を修正して新しい習慣をつくりましょう。
 
 
 新しい習慣をつける。
 良い結果が得られることを確認してください。
 結果が良ければ続けてください。
 結果が悪い場合は、あなたの考えや習慣を修正してください。
 
 日本では、このような習慣を日常的に作り直すことを「動くの工夫」、「行住座位」といいます。
 これは自分で成長することです。
 このサイクルはあなた自身で成長することです。
 坐禅は日本語で「静中の工夫」と呼ばれます。
 「動中」は動きです。
 「静中」とは、座って静止することを意味します。
 
 両方をうまく訓練することが重要です。
 
 坐禅だけをしないでください。
 坐禅のみを実践し、習慣改善のサイクルを自分で取り除かないように注意してください。
 
 習慣改善サイクルを必ず実践してください。
 

(2019/ 05/ 18)

↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system