武禅修行へGO!

武禅修行へGO!

思い付きで行動した結果。


 子どもと遊びに外出していました。

公園を梯子(はしご)したり、神社や広場に場所を変えたりします。
昼前、帰宅のために乗車してしばらくしたら、子どもは必ず寝ます。
そして今日もいつも通り寝ました。いつもはそのまま家に向かいます。

今日は家に直行しませんでした。
昇段試験のための参考資料を持ち歩いていました。
子どもが起きるまで、近所の神社の木陰に車を停めて、資料を観ることにしました。

普段この神社の社務所に宮司さんは居ません。正月やお祭りの時は別です。
そう言えばこの神社の御朱印って存在するのかな?と、ふと思いました。
ネットで調べると存在しました。
【電話で宮司さんに来ていただいて、御朱印を貰った】とありました。

呼び出して貰う御朱印に、何だかありがたみは感じられないな。
やはり次のお祭りか正月の初詣の時に忘れずに貰おう。
そう思った時、何気なく外を見た時、鳥居の前に宮司さんが立っていました。


今しかない。(口癖です)


車の鍵はいつも2つ持ち歩いています。御朱印帳も車にあります。
エンジンをかけたまま鍵をかけました。
25メートルほどダッシュして宮司さんに御朱印をお願いしました。
宮司さんは快く請けて下さいました。
「子どもが寝てるなら、御朱印帳は車まで持って行きますよ。」と社務所に戻られました。


ありがたい。


御朱印を貰う前に、ありがたみを感じました。
そして宮司さんの優しさに感謝しました。

時計は11時25分を示していました。
車の中で宮司さんを待ちながら、資料に眼を通していました。
ふと視線を上げました。
キレイなワンボックスの車がゆっくりと鳥居をくぐって、坂道を登って行きました。
窓からチャイルドシートが見えました。

車のお祓いかな?

ふと思いました。

しばらくして宮司さんが、御朱印帳を持って来て下さりました。

「ありがとうございました。車のお祓いですか?」

「はい。11時約束の車が来なかったので、帰ろうかと思っているところに、御朱印を頼まれましてね。いやいや、御朱印が無かったら帰っていましたよ。あの人たちにとっては良かったですね。」


思い付きで御朱印を貰いに行きました。

思い付きで行動して、結果的に人助けになりました。


本当に良かった。

(2017.6.19)(2017.11改訂)

↑ PAGE TOP

inserted by FC2 system